避妊も出来る低用量ピル

生理のたびに、2日目~5日目の間にだいたい生理痛が悪化してしまうことが多くて、困っていました。痛み止めを1日に数回飲んで、どうにか仕事をこなす時もありました。

それをどうにかしないと、と思って低用量ピルを利用するようになりました。始めは、生理痛をしないようにすることが目的で飲んでいたんです。
生理痛軽減の為に低用量ピル

でも、低用量ピル通販で買えることも知って、通販で買える低用量ピルを調べているうちに避妊にも効果があることを知りました。

高校卒業してから3年ぐらいは、コンドームだけしたら避妊はできているものだと思っていました。でも、そんなことはなくて、私の友人にもコンドームをつけていたけど途中ではずれて失敗。妊娠した子がいたのです。

その子は結局中絶していて、その後しばらくは辛そうでした。

それから、私は危険日にセックスをしないようにしたり、安全日でもちゃんとコンドームはしてもらってからするようにしていました。

そんな避妊方法しか出来ていない時に、低用量ピルは避妊効果もあることを知ったのです。

たぶん病院で低用量ピルを初めて処方してもらった時に、話はあったのかもしれませんがその時は生理痛をとにかく楽にしたいという気持ちが先行して、避妊のことは忘れてしまっていました。
説明された避妊効果をわすれた女性

低用量ピルは毎日飲むことで、疑似妊娠状態になるので本来起こすはずの排卵をしないように防ぐ働きをしてくれるそうです。

それにコンドームなどで避妊に失敗してしまっても、子宮の入り口付近の粘液が精子を入りにくくするので排卵が起きていても受精しにくい状況が作り出せます。

そして万が一受精しても、子宮内膜が十分の厚さや柔らかさが無くて妊娠の継続に適していない状態になるよう働くので、受精卵の着床阻害効果もあるといいます。

こうした働きをする低用量ピルだからこそ、飲み忘れなく毎日の服用を続けることでほぼ確実な避妊につながるのです。